兵庫県の外壁塗装、屋根塗装、防水塗装、雨漏り修理なら「外壁塗装 兵庫 すみれ」にお任せ下さい。

外壁塗装 兵庫すみれ「外壁塗装で住まい若返る

受付時間 9:00~21:00

0120-056-500

メールでの受付24時間OK

塗装の時期と目安

外壁塗装、屋根塗装の時期、目安については、定期的なチェックが必要不可欠です。

外壁塗装、屋根塗装などの塗装の時期、目安に関しては、さまざまな自然環境、住宅立地条件、前回使用の塗料などさまざまな環境ににより変化していきます。
たとえば、海の近くのお家に関しましたら、海からの潮風により、鉄部が一般家庭より錆びるのが早かったり、山の近くのお家なら、湿度によりカビの発生を早めたりと様々です。
お家の方位によっても変わってきます。塗膜の一番の対敵は、やはり紫外線、赤外線なので、直接、紫外線、赤外線が当たりにくい面であれば塗膜の劣化は軽減されますが、よく当たる面は塗膜の劣化の進行を早めてしまいます。又、建物の状況、自然災害によっても大きく変わってきます。
木造建築物の場合ですと、温度により膨張、収縮をおこし外壁にクラック(ひび割れ)を発生させたりします。
地震などの揺れによっても、クラック(ひび割れ)が起こりうる可能性があります。
クラック(ひび割れ)が入ってしまえば、そこから雨水などが内部に侵入し、最悪の状態であれば躯体の損傷も大いに考えられます。
ある一定の時期で、外壁塗装、屋根塗装をお考えになるのが一般的ですが、一番は定期的に壁の状況をチェックし最小限の状態で、外壁塗装、屋根塗装、又は補修といった処置をされる事をお勧め致します。
下記に、どのような所をポイントに見ていけばよいのか、簡単にご説明させて頂きますので、ご参考にしてください。

モルタル壁

サイディング

カラーベスト

モニエル瓦/セメント瓦

モルタル壁

おおよそ塗装の時期は、10年に1度と一般的に言われておりますが、塗料の種類により塗膜の耐久年数も変わってきます。たとえば新築などで用いられる材料であれば、耐久年数より、美観、低価格を重視しているケースが多々ございますので、早めに防水性のある塗料を再塗装される事をお勧め致します。

外壁塗装の目安、危険信号(下記の写真のような状態が確認できれば、早期修繕をお勧め致します。)

チョーキング現象

チョーキング現象

手で触って白い粉のようなものがつく。これは前回の外壁塗装をされた際の塗膜が劣化し、白い粉になってしまった状態です。塗膜の寿命を表しています。

ヒビ割れ

ヒビ割れ

地震や躯体の揺れなど、様々な環境によりクラック(ひび割れ)が発生してしまいます。クラック(ひび割れ)から雨水、湿気などが内部に侵入し躯体を腐らせたり、有害物質の発生といった悪影響が考えられます。

カビ・コケ・藻

カビ・コケ・藻

カビ・コケ・藻が発生する場所で一番多いのは、湿度の高い所です。塗膜の防水性がなく、湿気をおびてしまいますと、カビ・コケ・藻が発生しやすくなります。

サイディング

モルタル壁同様に、サイディング壁の場合もサイディング塗装が必要となってきます。時期も環境により大きく変わってきますが、サイディングボードの変色、つなぎ目部分のコーキングの劣化が一番重要視されてきます。コーキングの劣化は雨水の侵入、サイディングボードのそりなどが予想されますので定期的なチェックが必要となってきます。

サイディング塗装の目安、危険信号(下記の写真のような状態が確認できれば、早期修繕をお勧め致します。)

コーキングの劣化

コーキングの劣化

サイディングボードのつなぎ目のコーキングは重要です。劣化した状態ですと、雨水、湿気などから内部の損傷が予想され、腐食の原因となります。

チョーキング現象

チョーキング現象

サイディングボードも表面は塗膜で形成されているため、塗膜の寿命が起こります。モルタル壁同様に、手で触ると白い粉のような物がつきます。これは塗膜の寿命を表しています。

腐食

腐食

コーキングの劣化、サイディングボードのチョーキングなどが限度を超えてしまった場合、サイディングボードの腐食も考えられます。このような状態になってしまうと塗装だけでは困難な状態に値します。内部の形成、ボードの張替など大幅に費用がかかってしまいます。

カラーベスト

カラーベストはスレート(セメント質)を薄く形成した瓦です。材質にセメント質を用い、表面を塗膜で形成しているため表面の塗膜が劣化してしまえば、塗装が必要となってきます。昔のカラーベスト材には、微量のアスベストを含んでいる場合もあるため、飛散防止の為に、早めの屋根塗装が必要となってきます。

カラーベスト塗装の目安、危険信号(下記の写真のような状態が確認できれば、早期修繕をお勧め致します。)

塗膜の劣化

塗膜の劣化

カラーベスト材の表面塗膜がなくなれば、カラーベスト材事態が水を吸い、下地の損傷、雨漏りなどが考えられます。下から見て塗膜が残っているように見えますが、ここでの大丈夫の判断が危険になってくると思われます。

ヒビ割れ

ヒビ割れ

表面塗膜がなくなり、雨水が吸い込んだ状態になると、膨張、収縮により割れるケースもございます。割れた状態ですと、下地の損傷、内部の腐食といった原因も考えられます。

縁切り不足

縁切り不足

一度、カラーベスト塗装をローラーで塗装された場合は、縁切り作業がしっかりできているかが重要になってきます。カラーベストのつなぎ目部分が塗膜でふさがってしまっている場合、逆に雨漏りとなるケースもございます。

モニエル瓦、セメント瓦

モニエル瓦、セメント瓦の材質はセメント質で形成されております。セメント質で形成し、表面を塗膜で保護している為塗膜が劣化した状態ですと、屋根塗装が必要となってきます。屋根の場合は、壁よりも過酷な状況で、紫外線、赤外線を直接受けてしまう為、早めの屋根塗装をお勧め致します。又、モニエル瓦、セメント瓦は形成の工法が違うため、屋根塗装の際は適したやり方が不可欠となってきます。

モニエル瓦・セメント瓦塗装の目安、危険信号(下記の写真のような状態が確認できれば、早期修繕をお勧め致します。)

塗膜の劣化

塗膜の劣化

表面の塗膜がない状態ですと、瓦自体が水を吸い雨漏り、下地の損傷などが考えられます。下から見て、塗膜が残っているように見える場合がありますが、肉眼でしっかりチェックすることをお勧め致します。

割れ

割れ

表面塗膜の劣化から水を吸い、膨張、収縮により割れるケース、釘止め部分から割れるケースなど様々な状況があります。雨漏り、下地の損傷などが考えられますので、定期的なチェックをお勧め致します。

カビ・コケ・藻

カビ・コケ・藻

カビ・コケ・藻などが発生している場合、表面塗膜がない状態とも考えられます。(特に日当たりの悪い面)カビ・コケ・藻の発生で屋根塗装の時期を判断する事も出来ますので、定期的なチェックをお勧め致します。

 無料お見積フォーム[メールでの受付24時間OK]お気軽にお問い合わせ下さい。

無料お見積フォーム メールでの受付24時刊OK

施工エリア

兵庫県全域

■神戸市 (東灘区・灘区・兵庫区・長田区・須磨区・垂水区・北区・中央区・西区)
■尼崎市 ■西宮市 ■芦屋市 ■伊丹市 ■宝塚市 ■川西市 ■三田市 ■川辺郡猪名川町■明石市 ■加古川市 ■高砂市 ■加古郡稲美町 ■加古郡播磨町 ■西脇市 ■三木市 ■小野市 ■加西市 ■加東市 ■多可郡多可町■姫路市 ■神崎郡神河町 ■神崎郡市川町 ■神崎郡福崎町 ■相生市 ■たつの市 ■赤穂市■宍粟市 ■揖保郡太子町 ■赤穂郡上郡町 ■佐用郡佐用町■豊岡市 ■養父市 ■朝来市 ■美方郡香美町 ■美方郡新温泉町■篠山市 ■丹波市

外壁塗装「すみれ」

外壁塗装 兵庫 すみれ
〒652-0898
神戸市兵庫区駅前通り5-1-25
フリーダイヤル:0120-056-500
Tel:078-579-8732
Fax:078-579-8733

会社概要はこちら